alt1番目

価格の相場を知ろう

不動産屋さん

賃貸物件には、賃貸契約をするときに初期費用としてさまざまなお金がかかります。代表的なのが敷金と礼金になります。最近では、敷金と礼金がかからない物件も増えてはいるのですが、ほとんどの物件ではこのお金がかかります。敷金と礼金ともにそれぞれ家賃の1か月から2ヶ月程度のお金が初期費用としてかかります。新築物件に関しては家賃の3ヶ月分かかることもあります。その他にも火災保険料、保証料、そして日割り家賃と前家賃がかかります。これらの費用は契約締結前に一括で支払わなければならないものです。そのためある程度の貯蓄がないと部屋を借りることができないです。部屋を借りるだけでなく、引っ越し業者を依頼するときの引越し費用もかかります。

賃貸契約時の敷金は、家賃の1か月から2カ月分程度かかります。この敷金ですが、退去時に未払いの家賃の精算や損害賠償、原状回復などに使われるお金です。賃貸契約の解約の時に、退去日と引き渡しの立ち合いの日を決めます。その引き渡しの日に不動産管理会社の担当者が訪問して、部屋をチェックします。何を確認しているのかというと原状回復にどれくらいの費用がかかるのかの見積もりになります。経年劣化によりものは貸主の負担となりますが、過度な使用によって損傷したなどの場合は借主の負担となります。窓ガラスが割れている、エアコンが過度の私用で交渉などです。敷金からこれらの費用は捻出されて、差額分は返還されることとなります。