alt1番目

目的を理解しよう

不動産屋さん

自分が持っている不動産を売却しようと考えたとき、その目的はさまざまです。今よりも広い家や環境の良いところに住みたい、家が老朽化したため違う場所に住み替えたい、といったほかにも相続や節税対策をするためなど人によって理由はいろいろです。 こういった理由次第では売却方法も考えなくてはなりません。住み替えや買い替えの場合は、時間的に余裕がありじっくり計画を立てて進めていくことができますが、相続や借金、離婚などが理由だと場合によっては早急に話を進めなければならないこともあるでしょう。ただ売ればいいというわけではなく自分に有利に進めていくためには、そのときの置かれている状況を良く考えて検討することが大切です。

不動産売却には「買取」と「仲介」の二種類があります。 「買取」はその名の通り不動産会社に物件を買い取ってもらう方法です。不動産会社は買い取った物件をリフォームや修理をして新たに売り出します。このときの売却金額は利益と売れ残りなどのリスクを考えた分も合わせて設定されています。「買取」はすぐに現金化できますし、確実に不動産を売却したい人や自分で買主を探す手間を省きたい人に向いています。 「仲介」は売主と買主の間に不動産会社が入って仲介をおこなう方法です。多少手間がかかっても高い金額で売りたい人に向いているでしょう。 不動産会社によっては扱っている業務内容が違いますから、不動産売買に力を入れている会社を検討してください。