alt1番目

ゼロとは何なのか

賃貸マンション

賃貸物件にはゼロゼロ物件と呼ばれるものがあります。一般的に部屋を借りる時には、敷金や礼金が家賃の1カ月分から2ヶ月分程度初期費用としてかかります。それが敷金0ヶ月、礼金0ヶ月つまり初期費用で敷金と礼金がかからない賃貸物件をゼロゼロ物件と呼ばれているのです。アパートを借りる側かわすれば、このゼロゼロ物件は初期費用が安くて済みますのでありがたい物件と言えます。部屋を借りる時には、家賃の6ヵ月分がかかるといわれています。家賃6万円であれば36万円はかかることになります。部屋を借りたいけれど事情があってそこまでお金を準備できない人にとっては、安く部屋を借りることができますので部屋を借りるハードルが低くなります。

ゼロゼロ物件は、たしかに初期費用として敷金と礼金がかからないので借りる側としては、お得な賃貸物件と言えます。しかし、敷金は家賃を滞納してしまった時にこのお金から家賃の補てんに使われるお金です。さらに部屋を退去する時にも原状回復費用としても使われます。しかし、それだと貸主である大家さんにとってはリスクの高いことですので保証会社と契約が必須であるケースもあります。そして、敷金がからなないので、部屋を退去するときには部屋の修繕費やハウスクリーニング代が請求されます。最初に敷金を支払う賃貸物件であれば、預けた敷金から費用が賄われて余ったお金は返還されます。気持ち的に言えば敷金を最初に払って退去の時に少し戻ってくるのなら少し得した気分になりますが、トータルではどちらも費用に変わりはないので、どちらを選ぶかになります。